NEWS

APRIL 03, 2020

NEWS

Hachiからのお知らせです。
 
はじめに
 
いつも皆様、本当にありがとうございます。明日も大切なイベントを控えておりましたが、苦渋の決断でしばらくお休みさせていただきます。レコードショップのみの時間短縮営業をなるべく早く再開する目標で、明日からまた動きます。どうぞ皆様の胸に素敵な音楽や文化がある毎日でありますように。
 
<コロナウイルス感染拡大に伴う、臨時休業・対策について>
 
明日4/3(金)から、サカハチは京都・東京の全店舗を休業いたします。
 
再開目処は、京都・東京の都市の状況を注視しつつ、個別に判断してまいります。したがって“当面の間“といたします。
 
お客様にはご迷惑お掛けして大変申し訳ありません。
サカハチは、“日本のクラフト酒類を世界に“のもと、
街の延長線上に佇むようなお店を目指して、東京・京都にまたがって店舗構築してきました。
いずれも豊かなコミュニティを纏うよう願いを込めています。
 
今街は動きを緩めつつあり、重苦しい雰囲気を感じます。
その延長線上にあるお店という空間も同様です。
その中でも街に明かりを灯す役割を担いたい。
ですが、みなさまと共に歩く中で豊かに実ったコミュニティは、
ウイルスの媒介を助長させかねず、今や諸刃の剣ですらあります。
そして飲食店は、“人が全て“の業態です。
人とはお客さまのことであり、運営スタッフのことでもあります。
 
スタッフの健康と生命を守る、これも街の延長線上に場として生き続けるために大事なことと考えております。
お客さまにご不便お掛けすること、大変心苦しい限りですがご理解いただけますと幸いでございます。
この度ウイルスの被害に遭われた方の回復を心からお祈りします。
近く再会できるようになることを心から願いつつ!
 
————
休業店舗は下記の通り→
・京都BEFORE9
https://sakahachi.jp/before9/
 
・東京目黒ANOTHER8
https://sakahachi.jp/another8/
 
・京都Hachi Record Shop and Bar
https://sakahachi.jp/hachi/
レコードオンラインストアは、通常通り稼働しています!
オンラインでお買いものを!!
https://music.sakahachi.jpa

AUGUST 07, 2019

SUMMER JAZZ LIVE fri 30th August 2019

8/30 fri.
 
SUMMER JAZZ LIVE
“It Don’t Mean A Thing
〜 If It Ain’t Got That Swing 〜 “
 
@hachi_kyoto
 
Guiter : 的場智
Vocal : SATO
DJ : 山口武司
 
1st. stage 19:30〜
2nd.stage 20:30〜
 
Live Charge ¥500-
 
神戸よりギタリスト的場智を迎え、Hachi初試みの生演奏LIVEです。ボーカルはHachiスタッフのSATO、カウンターの中をステージにして、ジャズ・スタンダード曲を中心に、DJは店主山口武司でお届けします。この夏はスウィングしなけりゃ意味ないぜ!!
 
 
Profile
 
Guiter : 的場智
 
音楽の専門学校を卒業後いろんなジャンルのバンドや演劇の生演奏、録音などで活動。
現在はギター教室の講師、ルーパーを使ってのソロ演奏でオリジナル曲、ジャズのスタンダードの曲でライブ活動中。
 
Vocal : SATO
 
Hachiスタッフ。京都女性2人組BAND”ビバ☆シェリー”では、シンセサイザー・ボーカル、作曲編曲を担当。jazz、ラテン、R&B、ロマ、R&R、などルーツ・ミュージックBANDに属し経験を積む。結果的に現在は、蓋をあけるまで何が起こるかわからないタイプの音楽表現者になりつつある。温故知新これから残していけるものをずっと探し続けている。

JUNE 10, 2019

ALE SMITH and DJ at Hachi

レコード屋Hachiにしか出来ない新イベント

6/14、6/15 開催!

この日はアメリカよりALESMITHのビールを4種類繋げます。

6月14日 金曜日

🎱DJ

*Nick-san-set
*MATSUNAGA ( Breezin’)
*山本つよし(山本造園)
*Takeshi Yamaguchi(Hachi)

open 14:00
start 18:00 close 24:00

純粋に音楽が大好きなレコードコレクターさん達にDJとしてお店の音楽をセレクトしていただきます。最初と最後はHachi店主の山口武司が盛り上げます。それぞれ愛のあるセレクト、身を委ねてゆっくり楽しんで頂けること間違いなし。

6月15日 土曜日

🎱DJ
*YOUNG ANIMAL
*YOKU ( A Hundred Birds )
*Torei
*Rin

open 14:00
start 18:30 / close 24:00

普段クラブで大活躍するDJさんに、Hachiのレコード棚からもセレクトして貰うという、超スリリングな内容。持ち時間内それぞれ必殺技をふんだんに織り交ぜていただきつつ、とにかく皆様に音楽・レコードを楽しんで貰えるよう全員で挑みます。セレクター交代時、一枚づつ交互にプレイするシーンは見所になりそうです。

どちらもノーチャージです。
お気軽にお越しください。

MAY 07, 2019

Vinyl Experience sat 11th May 2019

19:00 – 23:00

no charge

DJ :

TAKANORI HIRANO

平野孝則

(Bootsy’s Records)

 

 

 60年代後半からブルース、ソウル、ジャズ、ロックに心酔、レコード収集の道へ。78年から4年間アメリカに滞在、黒人街のクラブ、レコード屋、街角で音楽を学ぶ。ジャズでは、Sun Ra、Art Ensemble Of Chicago、Cecil Taylor、Sonny Rollins等のステージを目の前で体感して、独自のジャズ観を得る。帰国後、84年に京都にBootsy’s Recordsをオープン、同時期から“Black Music Review誌”、“Record Collectors誌”等で音楽ライターを務め、P-Funk、JB、Curtis Mayfield、 Donny Hatheway、Zapp、Gil Scott-Heron、Last Poets、Pharoah Sanders、Clifford Jordanを始めとする数多くの黒人アーティストのライナーやインタヴューを手掛ける。

  DJとしてのスタイルは、ノーザン・ソウル、スピリチュアル・ジャズ、デトロイト・ハウス、ディープ・ファンクに機能する地下世界の黒人音楽感覚を基盤に、音に宿る美意識と批評性、光と影、時代最先端の志向と伝統への敬愛をもってグルーヴとストーリーを紡ぐ。日々、過去と未来への旅による、新たなレコードのディグに人生をかける。

 ジャズDJでの活動は、かつてClub Collageにて10年間に渡って、一人でジャズを6時間プレイする“Jazz Impulse”を主宰。現在は、The Weller’s Clubでの、ブラック・ジャズを核にアヴァンギャルド、ミニマル・ハウス、ジャーマン・コズミック、ルーツ・ダブ等を融合させた“Subterranean Modern Works”で独自の表現を模索する。

MAY 01, 2019

Vinyl Experience sun 5th May 2019

19:00 – 23:00

no charge

DJ :

Kimura Yoshito

(NEON)

 

 

普段はメガネとスーツを身をまとい通勤時間に2時間弱を要する民鉄サラリーマン。しかしその実は酒とバラと音楽をこよなく愛するナイスガイDJ。洋酒、和酒、ビール何でもいけちゃう系。音楽も踊れる音楽なら大体何でもいけちゃう系。日々の仕事で擦り減った心を擦り減ったレコードに重ねて、DJでは専ら哀愁系soulをプレイ。奇数月第4土曜日NEON@the weller’s clubにレギュラーとして参加中。

ARCHIVES