NEWS

FEBRUARY 01, 2020

BREW BEATS in February

Hachi Record Shop and Bar .

” BREW BEATS “ 

世界中で新しいビールが次々と誕生する今日この頃・・・その鼓動、確かに刻もうぜ!という企画です。.

1月は”Brasserire Popihn “ from France を紹介しました。

期待の第3回目は!!! . “Nevel Artisan Ales “ from Netherlands

2月14日~2月28日の期間中、1tap&ボトル4種(全5種)を常設、売切れ次第終了です。霧深いアルプスの朝日を浴びる様なリフレッシュ・リラックス・リスタート効果がありそうなセゾン、ス野生酵母+樽熟成ビールの他、バスクスタイルのシードルを入荷します。どうぞHachiへお気軽にワクワク足を運んでください。

[ 紹介 ]

Nevel ネイヴェル=霧

ネイヴェルはオランダのナイメーヘンというところに2016年創立された。ネイヴェルの全てのビールは自分達が醸造所周辺の自然に採った野生酵母と菌のみでビールを発酵させる。ビールにホップだけじゃなく、今の時代にはもうあまり使われないハーブや花(モグサやニガヨモギなど)でビールに味付けをする。そのハーブや果物、花、野菜などは近所の農家や業者から買い、サステイナビリティ(エコロジー・経済・政治・文化において持続可能な将来発展)がネイヴェルの合言葉。様々なハーブや花などがビールに入っても、ネイヴェルのビールは常に綺麗で、バランスが取れている。

2020年は、毎月この企画を開催します。どこの国のどんな環境で産まれたビールなのか想いを馳せながら、音楽に耳を傾け愉しんで頂きたいです。

BREW BEATS 企画に対する想い…

皆さんは、”これを飲んでみたい”、”これってどんなビール?”、”そもそもこのビール好き?”と、考えますか?

クラフトビールの醸造所は増え続けていて、クラフトビール屋さんもたくさん出来ていますね。何も考えずに入ったお店でそれらを飲める、凄い事です。

これは音楽にも言えて、新しいアーティスト・作品・アイデアが常に世の中に誕生しており、サブスクなどで簡単にそれらを聴く事ができます。これって、もはや個人のSNSのFBやインスタグラムなどの投稿を覗くのと何ら変わらないお手軽さで、自分が出会った順に何も考えずに聴いているだけなのかもしれません。

飲む人、聴く人からすると、何が何だか見分けが付きにくく、迫り来るビールや音楽との出会いで埋め尽くされ、あたかもそれを自分自身で選んでいるかのような錯覚に陥っていく、そんな風に感じる時があります。 ”自分が欲しいものを探す、選ぶ”、という人生の楽しみを、改めてこの企画に込めていきたいと思っています。

どこで、何を、誰と、どんな風に飲むか、その問いの答えを探したくなるような企画を目指していきます。

BREW BEATS 、どうぞお楽しみに!!! *Hachi Record Shop and Barを運営する『酒八』は元々は酒蔵でした。滋賀県は守山市に蔵はあります。今は母屋だけが残っておりますが、ここからまた酒造りの再開と、”日本のCraftを世界へ”と視野を広げ、その第一歩目としてCraft Beer and Sake,small foodをコンセプトとし、2016年に”BEFORE9″がオープン,2017年に東京”ANOTHER8″、京都にレコードショップを併設させた”Hachi Record shop and Bar”をオープン。

“酒八”の姉妹会社”DIG THE LINE”では”Connecting Craft”を念頭に置き、その言葉の通り、世界のCraftを京都から発信し、日本のCraftを世界に発信する橋渡しとし、”接続する役割を果たしていこう”と始まりました。

 

https://www.facebook.com/.digtheline/

この企画はDIG THE LINEと連動してお届けします。

ARCHIVES